日本Discordコミュはコチラ:スマホはタイトル右の「三」でメニュー展開

[日記]ライムのお話し[ #KurtzPel ]

[日記]ライムのお話し[ #KurtzPel ]

やっほヾ(:3ノシヾ)ノシ

昨日から新カルマ:セイクリッドガーディアンと新ヒーローチェイサーのライムが実装されました。

今日はライムのストーリーについて解説しようかなって考えてます。

 

 

◆このゲームの一つのテーマなんですけど、エンシェントカーツペルは400年前の英雄です。
・現代でいまだに生存している理由がそれぞれあります。
 (ジンの場合はシークレットゲートで隔離:多分、精神と時の部屋みたいに時間の流れが現実と違う場所)
 (リルはエルフなので400年くらいちょろいです。)

◆ライムに関してはそのあたりがどうもあやふやと言うか
 一応は、ベラトスで目が覚めたときに「ルーズ王国で生まれた」といった記憶はあったみたいですが
 懐かしさなどは無く、どうも植え付けられた偽の記憶みたいです。
 本人も「確信はない…」と述べてます。
・可能性としては転生・・・よりも、冷凍保存的な何かしらの技術で長期保管された場合が有力な感じがします。
 パラツペルを作る技術は有っても流石にカルマを宿らせる…というのはちょっと無理があるのかなと。

◆それから、ベラトスで目覚めたライムですが
 まずは神聖力をチェックされます。
 そこで逸材と認定されるんですけど、カーツペルですから潜在能力がズバ抜けているのは当然です。

◆神聖力を認められたライムは「セレニティ騎士団の団長」として、
 また「ベルの加護を受けるベラトスの聖女様」としての活動が始まります。

◆結論から言うと聖女活動というのは「ベルの加護を受けれる」などと言って信者を集めて
 神聖力を奪い尽くす大量殺戮(さつりく)の儀式でした。
・ベルという神様は、信仰(神聖力)が増すほど力をつける存在なのでこのような事が行われていました。

◆疑問を感じるタイミングは何度かあったようです。
 副団長のバレンからも「あの儀式は…~かもしれない…。」といった話は聞いていたようですが、
 そこはやはり宗教の怖いところで、「そんなはずない。」とよく考えもせず決めつけで根底から否定していました。

◆ライム自身も自分が何者なのかわからず、
 しかし、使命は与えられていたので嘘でもなんでも手放すというのが余程怖かったんだと思います。
 世界で一人、何もなくなってしまいますからね。

◆そんな不便な事情も諸々知った上で
 副団長のバレンは息を引き取る最後の一瞬までライムに忠義を尽くして側に居てくれたんですよね。
・バレン副団長は私のお気に入りのキャラで、すごいイケオジなんですよ。
 アフィニティの会話を読み勧めていくとわかるんですけど、フラッシュバックミッションの1戦目のムービー。
 あの時点で自決の覚悟は出来てたみたいですよ。
・ベラトスにとってチェイスは大量破壊兵器を持ったテロリストみたいな扱いなので、
 負け戦とわかっていてもライムの盾となったバレン。
 怖かったと思いますけど。
 大義ですよね。

◆クリムもまさかエンシェントカーツペルがベラトスに居るとは考えていなかったようで。
・今後登場するエンシェントカーツペルも危機的な状況にあることが予感されるので急いだほうが良いのかもしれない。

そういった内容でした。

 

 

◆余談ですが、
 ライムの一人称は「私」としてますが、
 ベラトスに居た時の話をする場合はライムのセリフの先頭に「私」が来るようにしてます。
 洗脳され心を失ったロボットのように私を連呼してる演出もあります。
 

あと、「英雄辞典~」というフレーズはグラチェの名残です。



▼おしらせ(全ての記事に表示されます)

◆日本Discordサーバー

・KurtzPelをもっと楽しむために
 日本のDiscordコミュニティを立ち上げました。
・9割以上が日本人の参加です。

★現在、参加者1000名超えました。

・テキスト&ボイスチャットはもちろん、
 初心者の質問からコンボの研究、
 スクリーンショット掲示板などもあります。
・日本のPvP上位プレイヤーのカスタムマッチも開催されています。
・始めたばかりの方も気楽に参加されてください。

・最低限のルールだけ守って楽しくご利用ください_(:3」∠)_

・参加はこちらから(Discordアプリが開きます。)